グルコサミン

痛みに効かないグルコサミン!?

膝や腰の痛みには自然な老化現象の一つ。それだけ多くの方が悩まされているようです。

膝関節痛などにグルコサミンやコンドロイチンが有効だと言われていることはご存知だと思いますが、実際にそれを使われてみて、痛みが軽減した、和らいだという方はどれくらいいるでしょうか。

意外に、やはりサプリメント程度では効かなくて、病院に行って痛み止めを打ってもらったという方も多いのではないでしょうか。

こんなご経験があるのでしたら、自分の膝はよっぽど酷い症状なのだろうかと思うかもしれません。しかし、中にはそれじゃあ痛みが取れなくて当然だというサプリメントもたくさん存在します。

それも、たまたま運悪くはずれを引いたのではなくて、多くの方が愛用しているような、一見人気もブランド力もあるような製品でも、痛みの軽減や症状の改善には毛ほども貢献しないだろうなというものが存在するのです。

そもそも、普段よく目にするグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントというのは本当に関節炎や腱鞘炎を治す力があるのでしょうか?

まさかただの小麦粉を固めたものだとは言いませんが、サプリメントは厳密に言えば食品であって、何かを治療する医薬品とは異なるのです。つまり、期待する効果が得られなかったからと言って、文句を言うことは出来ないということ。

これは騙している訳でもなく、責任逃れのトリックでもなんでもなく、サプリメントと呼ばれるものは元々そういう立ち位置にある食品なのだということです。

肌荒れやニキビが気になるからと医師に軟膏をもらうのと、ビタミンCのサプリメントを摂取するのとでは違うのと一緒で、サプリメントは栄養摂取の観点から効率的で合理的ではあるけれど、それと治療効果があるかどうかは別。それも栄養素の質によっては効率的なのかどうかも怪しいものなのです。

だからこそ、膝が痛くてサプリメントを飲んだとして、その痛みが引かなかったのは不思議でもなんでもありません。単純に痛みを和らげる成分が足りていなかったり入っていなかったりしていただけなのです。

では結局、病院に行くしかないのか。グルコサミンやコンドロイチンは全く信用できないのかと言われると、それもちょっと言い過ぎ。

関節痛対策のために作られた、かなり効果が期待できるサプリメントというのも存在するのです。

膝や腰の痛みを取る成分とは

グルコサミンもコンドロイチンも、多くの方がよく知っている栄養素だと思います。

軟骨の成分となり、加齢のせいで磨り減り負担がかかる関節部分のサポート役として働くから、これを補えば膝の痛みに効果が期待できると言われているものです。

しかし、一般的にグルコサミンを経口摂取したところで、すぐさま軟骨に変わり膝の痛みが抑えられるとは見られていません。栄養には違いありませんからなんらかのプラスにはなるのでしょうが、はっきりと関節軟骨に働きかけ、関節痛を治す効果があるものではありません。

長期的に摂取することで炎症を抑えたり、関節細胞を再生する働きをしたりするという話はありますし、加齢と共に体内で減少する栄養素でもありますから、本来「補っておいて損はない」という程度のものなのです。

それでも、グルコサミンはコンドロイチンとの相乗効果でその能力を発揮するとも言われていますし、血液サラサラ効果、膝などに限らず炎症を抑える効果もあると目されているところから、やはり摂取しておいた方が良い成分なのは間違いないようなのです。

膝の関節痛や腰の痛みに効くかどうかに焦点を当てれば、本当に効果が期待できるのはむしろコンドロイチンの方です。

コンドロイチンはグルコサミンと違い、医薬品が存在しますから、少なくとも関節痛などを和らげる効果があると謳って良い成分だと言うこと。

しかし残念ながら、多くのサプリメントではグルコサミンばかりが充実していて、コンドロイチンを十分に含んでいません。

これでは痛みが取れないのは当たり前。本当はコンドロイチンも1200mg程は必要だといわれているのですが、世間で知られているサプリメントを見てみると、コンドロイチンの量は多くても精々300mgといったところ。

それも例えばサメ軟骨成分300mgなどと表記してあるのは、コンドロイチンの量を言っている訳ではありませんので、ろくな量を含んでいないということが分かります。

痛みを取りたいのであればコンドロイチンに着目する。加えて相乗効果を期待して十分な量のグルコサミンも入っていることが望ましい。

そうでなければ、膝や腰の関節痛の症状が和らぐなんてことは考えにくいのです。

コンドロイチンの働き

コンドロイチンには医薬品が存在すると言いましたが、それじゃあ痛みを取りたいのであればそれで十分なんじゃないの?と思われるかもしれません。

確かにその通りで、例えば石原良純さんがイメージキャラクターを務めているゼリア新薬のコンドロイチンZS錠は確かに関節痛・腰痛に飲んで効くとはっきり宣伝しています。

コンドロイチンの量も一日あたり1540mgと十分ですから、医学的に関節痛や腰痛に効く薬と言って良いでしょう。

だから足腰が痛くなったらまずはグルコサミンをメインに宣伝しているサプリメントではなく、医薬品であるコンドロイチンを選ぶことが大事なのです。

コンドロイチンは元々体内に多く存在していて、私たちの体の中の水分量を維持する働きをしてくれています。

人体は7~8割が水分で出来ていると言われますが、コンドロイチンはその水分の保持を担っている組織の一部。加齢と共に体内のコンドロイチン量が減ると言われていますが、それと共に肌の弾力が衰えたり、シワが出来たりすることとは密接に関係しているのです。

もちろん水分の量が関節の滑らかさなどにも影響しますから、コンドロイチンが失われることこそが即ち加齢と言っても良いかもしれませんね。

さらにコンドロイチンは、発痛物質を吸着して排泄するという役割もこなしているといわれています。

つまり、コンドロイチンには単純に痛みを取り除く力があると言うこと。 これらの働きから、関節痛や腰痛に効くということ、その予防になるということが納得いただけると思います。

しかし、中には医薬品のコンドロイチンは試してみたけれど、それでも痛みが引かなかったという方もいるかもしれません。

そんな方は、結局痛み止めの注射を打って誤魔化すしかないのか、手術するしかないのか、治るまで寝ていろと言うのかと、絶望に近いがっかりを感じていらっしゃるかもしれません。

そんな方には、序盤でちらりとお話したように、関節痛対策のために作られた、本気のサプリメントを使っていただきたいのです。

サプリメントであって医薬品ではありませんが、はっきり言って質は医薬品以上。騙されたと思って是非試していただきたいのが、ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」です。

質にも量にもこだわったサプリメントを

既にお話した通り、関節痛や腰痛を和らげたいのであればグルコサミンではなくコンドロイチンに着目した方が良いのです。

しかし、だからと言ってグルコサミンが役に立たないかと言うとそうでもなく、長期的に使用することで炎症を抑えたり、血液をサラサラにしたり、オートファジーと呼ばれる、細胞内の掃除のような役割を担うなど、色々と期待できる効果を研究されています。

もちろん関節痛対策においては、コンドロイチンとの相乗効果で働くとも言われていますし、何にせよ摂っておいて損はない栄養素ということで捨てきることが出来ません。

ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」は、お察しの通り普通のグルコサミンとは違い、吸収率が約3倍とも言われている高質のグルコサミンであるN-アセチルグルコサミンをたっぷり1000mg使用しています。

そして肝心のコンドロイチンも、他の200とか300とかという申し訳程度の含有量ではなく、しっかり1100mg配合。それも、加齢と共に減少するコンドロイチンのうち、関節痛などと関わりがあるとされているコンドロイチン4硫酸という種類のものを補えるよう、サメではなく鶏や豚由来のコンドロイチンを使用しています。

多くのサプリメントがサメ由来成分を使用しており、量も十分でなければコンドロイチン6硫酸という少し違う種類のものを配合しているところ、ドクターズチョイスのものは関節痛の原因となるコンドロイチン4硫酸をしっかり補えるように作ってくれています。

これが、ドクターズチョイスのサプリメントがただの気休めではなく、多くの方に信頼されている所以でもあります。こと関節痛については効かなければ意味がありません。

痛みが取れるか取れないかの二択なのですから、痛みが取れるものを作るのが当然と言えば当然なのですが、残念ながら全ての会社でコストを無視した製品を作れるわけではありません。

あくまでサプリメントであって医薬品ではありませんが、ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」には、痛みが取れるわけがある、ということなのです。

ダメ押しの成分で痛みを取る

高品質のものをたっぷりと配合することで、関節痛や腰痛、腱鞘炎などの痛みを抑える効果が期待できるドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」ですが、痛みを取るという点で、もうひとつ駄目押しの成分が含まれていることにも注目です。

それは、天然の痛み止めとよばれるMSMという成分。

なぜグルコサミンなどのサプリメントを飲んで痛みが取れないかと言うと、単純に痛み止めの成分が入っていないからです。

先ほどもお話した通り、コンドロイチンには発痛物質を吸着して排泄する働きがあります。だからこそ、関節痛や腰痛にはコンドロイチンの方が効果が期待できるというもの。

しかし多くのサプリメントにはコンドロイチンが申し訳程度にしか入っていないばかりではなく、加齢と共に減少し、積極的に補った方が良いとされるコンドロイチン4硫酸には言及せずにいるのです。

痛みを止め、治療を志すにはまずコンドロイチンがなければ始まりませんし、治療までの道のりを快適に過ごすために、より効果的な痛み止め成分がなければ、足腰が動かせないという実情は変わりませんから治りが遅くなるのは必然。

だからこそ、副作用の心配もなく、優れた痛み止め効果がある成分、MSMは必要なのです。 ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」はこのMSMも500mg配合。加えて吸収率の高い低分子Ⅱ型コラーゲン、ヒアルロン酸も入って、しっかり潤いを無くした関節をサポートしてくれます。 膝の関節痛や腰痛でお困りでしたら、どうぞ、効く理由のないサプリメントには目もくれず、騙されたと思って「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」を試してみてください。